ガーナからこんにちは
Hello from Ghana
国際恋愛・国際結婚

はじめての国際恋愛で外国人彼氏ができると陥りやすい失敗

今日は、「はじめての国際恋愛で外国人彼氏ができたばかりのほやほや」さんという、国際恋愛の世界に足を踏み入れて(踏み入れてしまってw)1年未満のビギナーさんに向けて書きます。

外国人彼氏ができると、あなたの人生はどんどん変化していきます。この「どんどん変化するあなたの人生」に何とな~く流されていませんか?

外国人彼氏は主張が強いので、「周囲に合わせることが得意な日本人」の私たちは簡単に(気がつけば)外国人彼氏のペースに流されてしまいがちです。

けど、忘れないでください。外国人彼氏ができても、あなたの人生はあなたが主導権を持っていていいのです。むしろ、それができないでいると「つかみどころがない女」というレッテルを貼られてしまうかも。

そこで今回は、はじめての国際恋愛で、陥りやすい失敗や、残念ですが遊ばれているかも…という不安が過ったときの見極め方についてお話します。



国際恋愛が向いている人・いない人

まず第一に、国際恋愛に向き不向きなんてものはありません。ただ、典型的な「日本人気質」の方の場合、標準装備で「押しの強さ」が備わっている外国人彼氏に疲れてしまうことはあります。

「どっちでもいいよ。」と、こちらとしては気を使ったつもりだったのに、「意見をもたない人・何を考えてるかわからない人」と解釈されてしまう国際恋愛の世界。

そう考えたとき、日本人の輪の中で「空気が読めない人」にカテゴライズされたり、物おじせずにグイグイいけるタイプの人は、「国際恋愛向きな人」と呼んでいいのではないかな。私はそう思っています。

実際、空気読めないグイグイタイプの人は、国際恋愛というフィールドで水を得た魚のようにイキイキできている人が多いです。

日本人同士の輪の中だと、「空気読めない人」をネガティブな表現で使いますが、あなたの外国人彼氏は、あなたに向かって「君って空気読めないよね。」なんていいません。だから、安心してあなたの意見をいえるようにしましょう。

逆に、「私は空気読めるタイプだな~」と思った方も心配しないでください。

徐々に、「空気って読むものじゃないんだよね~。吸うものだから。吸うだけにしてほしいんですけど。」というような日本人になれますから。w

そう、そういうタイプの人が「国際恋愛向きな人」なのです。

そして、総じて「国際恋愛向きな人」というのは…

  1. キツイ
  2. 一匹狼タイプ
  3. 間違ったことが大嫌い
  4. リーダー気質

この辺に生息しています。



外国人彼の「愛情表現」=「愛されている」ではない

外国人彼氏と聞けば、まずはじめにあがるのが「愛情表現」ですよね。はい、実際初めて国際恋愛を経験すると、日本人男性との恋愛ではなかなか経験できない愛情表現の数々にやられてしまう方は多いです。

それゆえに、国際恋愛を繰り返す方も多いです。それについては、まったく悪いことではありません。

ただ、初めて外国人彼氏ができた方の場合、「愛情表現」にばかり気を取られしまい、「愛情表現」=「愛されている」の図に陥りやすいです。

表現方法で愛を測らない

「外国人彼氏の愛情表現」について、忘れてはいけないことが一つあります。

それは、彼も人間だということ。四六時中、愛をささやきボディータッチ多めで、甘いことばをささやく訳ではないということ。

寝ても覚めても濃厚な愛情表現を怠らない人イメージ通りの外国人彼氏もいれば、淡白な人もいるということ。宗教・文化背景の影響や、性格もありますからね。

出逢ったころのような濃密さで、生涯愛情表現を怠らないのが「外国人彼氏」であるという考え方はは危険です。

過激な愛情表現が落ち着き始めてからが、本当の意味での「恋人同士」になれたという考え方、大切です。

皆さんは、街を歩いていて「恋人同士」なのか?「夫婦」なのか?だいたいわかったりしませんか?

そう、二人の関係ってそうやって、ステップアップしていくもの、させていくものなのです。

興味の対象から外された可能性

それとは逆に、遊ばれているだけだった…ということも残念ながらよくある話です。(残念ながらよくあるのです。)

良くも悪くも自分の気持ちに正直な人が多いのが外国人彼氏の良さ。よって、興味がなくなったという理由で、愛情表現をしてもらえる対象から外されてしまった…なんて悲しい結末はあります。

それらをひっくるめて、全てが「国際恋愛」の醍醐味です。

また、愛情表現してもらったことがないなんて場合、そもそもあなたは最初から、外国人彼氏にとって「愛情表現する対象ではない」ことも考えられます。(残念ながらある話です。)



その外国人彼氏は本物か?査定のタイミング

さて、外国人彼氏の「愛情表現」=「愛されている」ではないとお話ししましたが、それなら、どうやって外国人彼氏の本気度を知ればいいの?何かいい方法はないの?となりますよね。

そこ、気になりますよね。はい、サインを見落とさなければ見抜くことは可能です。

私は24歳で子連れ離婚してから数々の国際恋愛と国際結婚を経験しました。その中でのリアルな経験をもとにお話しますが、国際恋愛には本物偽物が存在します。

要するに、本命か?遊びか?ということです。どちらの場合も、三か月くらいまでは違いがありませんが、それ以降になると、雑さが見え隠れしてくるものです。

そう、お付き合いして三か月目くらいが、あなたが本命なのか?遊ばれているだけなのか?を見抜くことができるタイミングです。

もちろんあなたが本命の場合、外国人彼氏というのは、こちらが疲れるな…と思うほどグイグイきますから不安はありません。というか、不安になる暇がありません。

逆に、遊ばれている場合は、三か月くらいを目途にじわじわと違和感が湧き上がってきます。それこそがサインです。

ついつい意識してしまう国際結婚

女性なら、「国際」という文字が付く付かないに関わらずやってしまいますよね。付き合って間もないというのに、結婚生活のシュミレーション。もちろん、それ自体は悪いことではありません。

しかし、初めての国際恋愛で浮かれちゃっている場合、三か月目くらいからじわじわ出現してくる違和感をなかったことにしてしまう人が非常に多いです。

都合のいい解釈をして、違和感をなかったことにしても、明るい未来は残念ながらやってきません。特に、アラフォー・アラフィフと呼ばれる年齢層の女性たちに、これをやってしまう人が多いです。

あなたが感じたその違和感は、紛れもないサインです。私たち女性の「あれ?」は、勘違いではないことが多いですよ。

だから、あなたに都合のいい解釈で現実逃避しないでください。あなたのその外国人彼氏は、あなたと将来を共にする人ではないということを理解してください。

その違和感をスルーしないことが、幸せな未来への近道です。

また、国際恋愛ビギナーさんによくあるパターンとして、プリンセスのように大切にされた日々が忘れられず、外国人彼氏へのおもいが執念や怨念に変わってしまうケース。追えば追うほど自分がみじめになってしまいます。

国際恋愛のススメ

この記事を読んでみたら、国際恋愛ビギナーの私には、何だか敷居が高い世界なのね…なんて思ってしまった方はいますか?

いえいえ!そんなことはありません。そんなふうに考えないでください。国際恋愛っていいですよ。

国際結婚している私だからこそ、その先をもっといってしまいますが、本物の愛で結ばれて国際結婚をすると、人生は大きく変わります。

もちろん外国人彼氏(未来の外国人夫)が、あなたの人生を劇的に変えてくれるわけではありません。

国際恋愛だろうが、国際結婚だろうが、あなたの人生が外国人彼氏(未来の外国人夫)に紐づいて、もれなく芋づる式にわくわくドキドキな人生として展開していくなんて都合のいい話はありません。

どんなときも、どんな環境においても、あなたの人生はあなたのもの! あなたがあなたの人生の主導権を握って、切り開いていくという義務があります。( これだけは忘れてはいけません!ここが重要!)

ただ、外国人彼氏・夫との日常は、平凡だった人生がワイドに開けていく感覚を与えてくれます。だからいいますね。国際恋愛・国際結婚っていいですよ。



COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です